施設概要

理念

加古川くれよん福祉会がめざすもの

個人の尊重の保持

利用者ひとり一人の価値観と向き合い、ニーズを達成するための支援をします。

自立支援

利用者の能力を引き出し、生活力向上のための支援をします。

福祉の権利性の確立

利用者を含む社会のすべての人の福祉(ウェルビーイング・幸福)を目指すための支援をします。

設立経過

平成8年4月1日 加古川市手をつなぐ親の会(現:手をつなぐ育成会)が別府町新野辺に小規模作業所を設立
平成14年10月1日 支援制度による社会福祉法人加古川くれよん 福祉会小規模通所授産法人を立ち上げ
平成19年4月1日 障害者自立支援法による障害福祉サービス事業認可指定 就労継続支援事業B型(自立支援法・訓練給付事業)
平成21年7月1日 障害者自立支援法による障害福祉サービス事業追加指定 生活介護事業(自立支援法・介護給付事業)

設置主体

社会福祉法人 加古川くれよん福祉会

事業所

ワークハウス「くれよん」

協力医療機関

はりまクリニック

職員体制

管理者サービス管理責任者、生活支援員、職業指導員
管理栄養士栄養士、調理師、看護師、嘱託医
職員研修年2回 職員研修を行っています

諸費用

厚生費(年間の行事・諸活動費用)、食事代(希望者のみ)、その他活動費としての負担

アクセス

  • 山陽電車 浜の宮駅より徒歩約8分
  • 加古川東IC出口より約15分